よくある仕事の悩み 自分の性格から適職を見つける

働きたくない、人と関わりたくない。そんなあなたに、人と関わりが少ない仕事7つを紹介

2021年9月1日

社内で協力するよりも、

同期とライバル競争。

 

一歩外に出れば、

同業他社と価格競争。

 

社内に帰ってくれば、

クレーム対応に追われる毎日。

 

こんな社会では、もう人と関わりたくないし、働く気がなくなるのも当然です。

 

そこで、3つの選択肢があります。

3つの選択肢

  1. 転職して、人と関わりが少ない仕事を探す。
  2. 今の職場で、仕事量と人との関わる仕事を減らして、ストレスを軽減させる。
  3. 生活レベルを落として、支援制度や権利収入を得て、働かないでも生活できる状態にする。

私みたいに上場企業に3年も立ち止まって、我慢すると精神的に壊れます。なので皆さんには、何か一つでもいいので行動することをオススメします。

 

この記事では、

この記事でわかること

  • ストレスになる人と関わる業務のランキング
  • 人と関わりたくない原因と働きたくないと思う理由
  • 楽で人と関わりが少ない仕事7選

このことがわかります。

では、4回転職してきた実体験と、お客さんからのリアルな情報をお伝えしたいと思います!!




人と関わりたくない、働きたくない原因

コミュニケーションが苦痛

社内ではコミュニケーションは大事だと言われますが、ストレスを抱える業務が多い。

 

参照 : Biz Hits(コミュニケーションが苦手な人におすすめの仕事ランキング)

だいたいの会社は、必ず発生する業務です。

しかし、この業務が多すぎたり、人間関係が上手くいかないと「もう、人と関わりたくない」と思ってしまうのです。

 

なので人と多少関わっても、ストレスを感じるコミュニケーションを避ければ、仕事満足度は高くなりますよ。

 

ヤマアラシのジレンマで距離を取ってしまう。

 

人と人との距離感について、うまく表現した言葉があります。

 

寒い冬、

 

ヤマアラシ達が群がって、温め合って近づこうとしました。しかし距離が近くなるほど、自分の針があって近づけないのです。

 

これが、ヤマアラシのジレンマです。

 

仕事の人間関係でも、同じことが言えます。

 

他人と深い関係になったら、踏み込んだことを言って、相手を傷つけてしまうかもしれない。逆に、相手の態度や言動で傷ついてしまい人と関わることに恐れてしまうのです。

 

孤独な人が多い日本は、そもそも社交性が低い

心理学の研究から、「孤独感が強いほど、社交性が低い」という結果が出ています。なので孤独に慣れて育った私たちは、人との関わり方が上手くありません。

 

ユニセフは2003年に、15才の子供を対象とした意識調査を行いました。日本は、約30%の子供が孤独を感じたことがあると発表しました。

 

参照 : ユニセフ(孤独を感じると答えた子供達)より筆者が作成

これは、経済開発協力機構(OECD)の加盟国25カ国の中で、一番高い割合なんです!!

 

核家族で両親が共働きが多い日本の家庭では、子供が孤独なるのが普通です。性格はほとんど変わらないので、社交性が低いまま社会人になってしまうのです。

 

なので、会社の仲間にプライベートのことを話すまでに時間がかかったり、自分から話さない。

 

その結果、自分のことを理解してもらえないので、人との関わりを持つことを辞めてしまいます。

自分を変えることに疲れてしまった

うまくいっている人を見て、「自分も外交的になって、成果をバンバン出すぞ!!」と思ってしまう。

 

過去の私もそうでした。

 

本社に転勤してきたばかりで、周囲は「できる人」ばかり。

 

なぜ、自分はこんなに自信がないんだろう。

 

と毎日落ち込んでいました。

 

そしてハマったのが、自己啓発というずっとなれない自分を目指して、今を幸せに生きられない辛い時期に突入してしまったのです。

 

このように、他人と自分を比べることは、劣っていても、優れていても、プラスになることは一つもありません。

 

そもそも働きたくない人はたくさんいる

日本人は向上心ない人が多い

 

参照 : 日本青少年研究所(高校生の意欲に関する調査2007)より筆者が作成

他の国より、ダントツに目立ちますね!!

 

日本の若い世代は、働く前から組織で出世することに興味がありません。

 

なので、できるだけ人と関わらないで、のんびり暮らしたいのです。

会社が嫌いな人が多い

JTBモチベーションが、20代~40代の男女600人にアンケートをした結果です。

「会社がきらいな人」は38.5%

出典 : JTBモチベーションズ 「会社が好きですか」調査レポート」

 

普通じゃなくて、「嫌い」の割合ですよ!!

衝撃じゃないですか!?

 

嫌いな人が10%だったら、自分だけ目立ってしまいますが、約5人に2人ぐらいなので、会社で同じグループに1人は同じ仲間がいます!!

 

人と関わりたくない人が発揮される能力

本当に信頼できる仲間ができる

人と関わりたくない人は、孤独に耐えられる自立した人だと言えますよ。それは、ひとりでいられる素晴らしい能力なのです。

 

1人でいられる能力が高い人は、

特定の信頼できる対象の存在を持ち、安心感を求める傾向があるが、そこに依存しすぎることはない。

参照 : 川原井 詩乃(大学生における「ひとりでいられる能力」と心理的適応の関連の検討)

 

逆に、孤独が嫌いで寂しがり屋な人は、周囲への依存度が高く、本当に信頼できる人がわからないとも言えます。

 

働きたくないと思うのは、本当に信頼できる仲間がまだ見つかっていない可能性があります。

 

本当に信頼できる仲間だったら、一緒に働きたくなりませんか!?

 

【実体験】クリエイティブな時間が生まれる

 

人と関わりがあると、ゴルフや飲み会に誘われたり、他人から影響を受ける回数が多くなります。

 

実際に私も、新入社員は東証一部の営業職だったので、全国から意識高い系の多趣味な人たちがゴロゴロいました。

 

「休日は、外へ出かけて、アクティブに生きなければいけない

 

意識高い系ことがカッコいいと勘違いしてしまい、影響されてましたね。なので休日は、彼女を連れてゴルフの打ちっぱなしに行ってたんです。

 

「なんでこんな意識高いのに、仕事がいまいち成果が出ないんだ??」

 

興味ないのに、やらなければいけないジレンマに違和感を感じていました。

 

それから同期と距離を置くようになり、人と関わりが少ない田舎に転職。

 

人と関わりが少なくなり、自分の時間ができると、興味あることを次々と始めるようになります。

  • パソコンを買ってプログラミングに挑戦
  • 英語に挑戦
  • 声優に挑戦

 

失敗したこともたくさんありますが、自分が本当にやりたいことに時間を使うことで、スキルと本当に自分が向いている作業が手に入ります。

 

結局私は、「大好きなブログで情報発信したい」と心から思うようなりました。

 

【解決策】人と関わることが少ない仕事とは!?

人との関わりが少ない環境を選ぶ

現在の仕事に不満があるなら、転職するのが一番早い。そして、人と関わりが少ない場所を選べば、失敗するリスクが少なくなります。

例えば、

  • 都会から田舎へ
  • 大企業から中小企業へ

 

両方とも転職して経験したので、実体験で説明しますね。

 

 

都会から田舎

 

物理的に人が少ないので、人との関わりも少なくて済みます。

【田舎のメリット】

  • 家賃、駐車場代が安い
  • 誘惑ないので、お金が貯まる
  • 夕方に仕事が終わるのが普通
  • 仕事できなくても、若いだけで、歓迎される
  • 飲み会は、車の代行を呼ばないといけないので、やりたがらない。

 

実際に私も、都会から田舎へ転職しました。

 

まず驚いたのが、人が少ない。

 

鳴り止まなかった電話も、数回の電話対応だけで、ストレスが半分以下になったのです。なので、外の景色を見ながらゆっくり休憩ができました。

 

人間関係に疲れたら、のんびり田舎暮らしもありですね。

 

今では移住支援制度を活用して、お得に移住できる地域もあります。各都道府県のホームページをチェックしましょう。

 

 

大企業から中小企業

 

私が勤めていった会社は、社員数4,000人以上の企業。なので人事異動があると「歓送迎会」が必ずありました。

その他にも、

  • メーカーの接待
  • お客さんとの接待
  • 社内で中、小規模の飲み会

 

こんなに人と関わってきたことに、今でもゾッとします。

 

毎週2日は飲み会の席があり、年度末になると、休肝日なんてありませんでしたね。当時は気にならなかったのですが、だんだん精神的に壊れはじめました。

 

人と関わりが少ない、中小企業に転職することにしたのです。実際に転職したら、自由な時間と快適な夜を過ごせることに、とても驚きました。

【中小企業のメリット】

  • 転勤がないので、新しい人間関係を作らなくていい
  • オフィスや工場が広いので、人と距離が保てる
  • 業務が幅広いので、自分の得意なことが見つかりやすい

 

もちろん、デメリットもあります。

 

上司ガチャに失敗したら、結構辛い。

 

中小企業は上司が変わることが少ないので、我慢するか転職するしかないからです。

 

将来の安定性など、大企業より劣る点もありますが、人と関わりたくないことを条件にするならば中小企業の方がいいでしょう。

 

中小企業でも田舎の企業でも、転職しようと思った時に、転職するのがベストなタイミングです。

 

なぜなら、後悔が少ないからです。

 

そのまま転職しないで会社にいても「自分の人生もっと違う方向に行っていたかもしれない」とやらなかった後悔は大きいのです。

 

ネットで稼ぐ仕事3選

仕事で悩むタクロー君
そもそも、1人で仕事できるの!?
ネットの仕事は、オンラインで1人で仕事ができます。ネット以外でも地味な仕事は、1人で仕事ができる職業が多いですよ。
解決人

 

  • クラウドソーシングで稼ぐ
  • ブロガー・アフィリエイト
  • せどり・物販

 

まずは、ネットの仕事を詳しく解説していきますね。

 

クラウドソーシングで稼ぐ

仕事の契約、求人の応募や納品まで、全てチャットで完結できてしまうので、CrowdWorks(クラウドワークス)の仕事もオススメです。

 

 

 

個人や企業が発注する仕事を、獲得してサービスや商品を提供して収入を得る仕組みです。

主な発注される仕事は、

  • ライティング(ブログ記事の作成、記事のリライト、キャッチコピーのアイディア)
  • 事務・簡単作業(アンケート、データ入力、内職)
  • 声優・ナレーション
  • 写真・動画の加工

このように、パソコン1台で誰とも会話することなく、稼ぐことができる仕事です。さらにクラウドワークスは、登録者数300万人を超えて日本最大級の仕事の依頼があります。

 

お客様への提案文と、プロフィールをしっかりPRできれば、受注できますので挑戦してみてください。

 

クラウドワークスに無料登録してみる

 

ブロガー・アフィリエイト

主にブログ収入には、2通りあります。

  • ブログ記事の中に、広告を貼ってクリックされることで収入が発生
  • 記事内に商品やサービスを紹介して、売れたら報酬が発生

 

著名人だったら、日常の生活を記事に書いても読まれますが、一般の人が書いても興味を持ってくれる人は少数ですよね。

 

みきこ
どうやって、読まれるようにするんですか!?

 

Google検索で上位表示される記事を書くか、SNS(ツイッター、YouTube、インスタなど)で人を集める方法があります。

 

どちらも無収入の状態で継続することが、ポイントになります。ちなみに私は、顔出しやトークもいまいちなので、文章で稼ぐ道を選びました。

 

せどり

せどりとは、「商品を安く仕入れて、高く売る」簡単な仕組みです。

 

しかし、経験がどうしても必要になります。目利きとリサーチ能力で利益を出さないといけないからです。

 

難しいと思われますが、今では相場をチェックしてくれるアプリが出て、簡単に始められやすくなっています。

 

せどりは、人と会話することなく、仕入れと販売もネットできるのでオススメです。

 

人と関わることが少ない職業4選

地味な仕事ですが、1人で作業ができる仕事を、実体験を含めてご紹介します!!

  • 工場勤務
  • 清掃業
  • 配送業
  • 職人

 

工場勤務

工場では、そもそも口下手な人が多いので、自分から世間話をする必要がありません。そして仕事を覚えてしまうと、朝の挨拶だけで、1日中誰とも喋らないこともできます。

 

しかし工場勤務の正社員だと、どうしてもチームワークが必要だったり、上司への報連相が発生してしまいます。

 

それも嫌であれば、アルバイトの工場勤務をオススメします。アルバイトのサイトから登録してみましょう。

 

 

バイトが決まれば、働く前から1万円もらえるんです。

 

さらに、マッハバイトの運営は東証一部上場企業です。旧ジョブセンスから10年以上もサイトを運営しているので安心してサービスを受けられます。

 

短期、単発、週1、茶髪、ピアス、OKです。

 

\無料登録はこちら ! ! /

 

清掃業

 

出社は、会社に誰もいない朝方、昼、祝日が多いですが、残業はほとんどありません。そして、持ち場が決められていて、1人で作業するので、人との関わりもない。

 

もちろん報告業務、電話対応もありませんよ。

 

配送業・トラック運転手

相方が隣にいないので、完全に1人になれる職業です。直行直帰な職場が多く、飲み会に誘われるタイミングもありません。

 

しかし、短距離で都会の配送業務は、激務です。駐車場を探したり、狭い道を慎重に運転しないといけないので、かなり重労働です。

 

なので、田舎の配送業務か、長距離トラックの運転がオススメですよ。

 

職人

職人という仕事は、修理したり、商品を作る技術です。なのでプログラミングスキルと一緒で、転職活動にもアピールできるのです。

 

私の工場では、鉄を曲げたり、くっつけたり、切ったり(溶断、溶接)をしています。材料は人間みたいに複雑ではないので、自分の思い通りになります。

 

たとえ上手くいかなくても、自分のやり方が悪いので、他人にイライラすることもありません。

 

人と関わりたくない人が、やってはいけない職業

 

以下の業種は、特にストレスになります。

注意

  • 商社勤務
  • 接客業
  • 美容師

なぜなら、人と関わることが仕事だからです。

  • 来客対応
  • 上司へ報連相
  • メーカーの交渉
  • クレーム対応
  • お客さんとの関係維持

1日中ほとんど、人と関わる業務です。

 

お昼休憩は、1人になれるかもしれません。その休憩も、電話がきたり、急ぎのクレーム対応でつぶれることが多いのです。

 

人と関わりたくない人は、この職業は避けた方がいいでしょう。

 

人と関わりたくない時にやるべきこと

 

パーソナリティ障害なのかチェックする

パーソナリティ障害とは、

自分なんかふさわしくないという感覚、否定的な評価に対する敏感さ、社会的な交流のパターンによって特徴づけられている

参照: ウィキペディア

 

昔私は、パーソナリティ障害でした。

 

社内のプレゼンで緊張しすぎて、口が乾きすぎて喋れなかったのです。

 

そして、みんなの顔が怒っているように見えて、声が震えて何を喋ったのか全く覚えていません。

 

私の場合は、転職して年齢と共に症状は改善されていきました。

 

まずは、無料で診断できるチェックリストから自分の症状を第三者に見てもらいましょう。

カウンセリングルームの無料診断チェックリスト

 

完全に孤独になってはいけない

孤独は、孤独を生みます。

 

「人と関わりが少なくて、楽でいいや。」この生活に慣れてしまうと、

 

いつの間にか、

 

心を閉ざしてしまう。

 

周りの人に肯定的になれないで、社会を否定し、自分に自信がなくなってしまいます。

 

なので、完全に人との関わりを絶ってはいけないのです。

短所を長所に言い換えて、目標設定

孤独になると、自分の嫌いな部分から目を背けるようになってしまいます。他人と比べて自分がダメなところばかりを気にしてしまいます。

 

なので、人と関わりたくないことも、個性として自分を受け入れてください。

【短所】→【長所

  • 優柔不断 → 慎重
  • 口下手 → 寡黙
  • 人が嫌い → 特定の人と強固な人間関係をつくれる

いかがですか!?

 

個性的に変わりましたよね。

 

自分が他人と優れているところは少なくても、劣っているはことは一つもありません。なので他人は気にしないで、自分の目標をコツコツ達成していけばいいのです。

 

目標設定の仕方は下記の記事を参考してみてください。

【まとめ】人と関わりたくない、働きたくない

いかがでしたか。

 

人と関わりたくなくても、みんなで仕事しないと稼げなかった昔とは違い、今はネットで稼ぐことができます。

 

しかし、仕事をしないで自分の殻に閉じこもってしまうと、引きこもりや、うつ状態になってしまいます。

 

なので、チャットやメールでもいいので人と関わり方を変えて、今の辛い状況を突破してください。(私でも、よければ相談してください。)

応援しております。

最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。




-よくある仕事の悩み, 自分の性格から適職を見つける

© 2022 みらきぼ